2009年07月25日

天空に神々が満ちる日の到来

2002.07.07at 20:22
本日は、いよいよ新しい天地創造歴史を出発するための天人地一体経綸の歴史的な出発の一日となり、7人で富士の北に位置する場所での神事となりました。

現地に向う途中で天界の神々は、様々に今日の歴史的な神事をお祝いする現象を見せて頂く事となりました。 現地に着きますと、早速に天界の神々であります天使達が星の数ほどに天空に満ち溢れる様子を見せて頂き、天と地の神々が一体連携して始まる新しい天地創造歴史の開幕を確認させて頂く事となりました。正に鳳凰神(天津神)と龍神(国津神)の一体経綸の歴史的な出発となりました。

今回の神事によりまして、天界と地界を結ぶ火の柱が天地に立った事となり、今後は、火の柱に導かれながらの経綸となって参ります。今回の神事の場所は、天人地一体経綸の起点となります世界の大聖地となって参ります。今回の神事は、ルシファーとオリオンが地上で一体となり始まる神事でもあります。

日の本では、太陽が天上に輝く時であり、裏日の本ブラジルでは、月が輝く表裏一体経綸の幕開けとなり、いよいよ新しい天地創造歴史が現実世界で開始する事となります。

感謝合掌



posted by Project GAIA Information Centre at 06:10| 2002年7月