2009年07月25日

伊弉冉一体式と新しい皇都

2002.06.28at 20:27
今日は、午前中に妻の守護神名がわかり、神人一体の神(霊)名が「伊弉冉仁美命」と決まりました。

夕方に妻と榊と水を持参しまして八社大神に参りました。八社大神の鳥居をくぐり階段を上がった途端になんと!!なんと!!正面に見えます社の中で、明かりを灯して八社大神の神々が正装し、皆様畏まって待っておられます。

早速に本殿前で榊と水を供えて2人で合掌致しましたところ、正装されました女性が本殿中央に立っておられ、榊のあるところまで階段を降りてこられました。

妻と伊弉再命一体の儀式の場である事を知らされ、思いがけない急な神事に、皇子が取り次ぐ神人一体式の場となりました。妻は、「伊弉冉仁美命=イザナミヒトミノミコト」として神人一体となって出発する事を宣言し、階段を降りてこられた伊弉冉命と両手を交差して結びの祈りを捧げる場となりました。

思いがけない急な神事の中での両者一体の劇的な出発の一時となりました。妻は、八社大神の命として神々のご支援の中、日の本の国づくりの中心となります皇都の雛型を成田国際空港に近い地域に造る事となります。

今日は、神々のご経綸の計画の手始めを知る一日となりました。

感謝合掌



posted by Project GAIA Information Centre at 06:08| 2002年6月