2009年07月25日

天界の解放宣言

2002.06.01at 19:39
今日は、急遽天界を訪問することになりました。

天界では、7大天使を初め多くの天使達が皇子訪問を待っておりました。6月6日までに過去全ての因縁清算を願われていますが、この度は、人類と天界の神々との歴史的な過去性に対する清算の為の交流となりました。

人類始祖の堕落の原因に天界の神々の干渉があった事は知らされておりましたが、堕落に動いたのは、未完成の人類始祖の方であり、神から直接に注がれていました愛の光を天界から奪ったのは人類始祖である事がわかりました。

今まで人類をそそのかした堕落天使をサタンとして取り扱ってきたのですが、天使をサタンに落とした原因は人類側にあったと言う事が判ったのです。何と言うことでしょうか。初めて知る事実に驚嘆し、天使達の人類への恨みを知る事となりました。

人から見た人類と天使の堕落の原因について理解していたつもりだったのですが、天使達の立場から堕落の原因についての考察はしていなかったのです。人類の堕落と共に人類は神から離れてしまったのですが、堕落に関わらなかった天使達の住む天界において命の光が失われ闇の世界と成り果ててしまっている天界の歴史が在った事は誰も知らなかったのです。

また人類始祖と共に堕落しました天使達は天界を追われ、人類が肉体生活を終えて行く霊界に落され、闇と光の無い世界で救いの時を今まで待ち望んで来たのです。

人類がサタン世界を一方的に敵対する歴史を終焉する時が来ています。天使をサタンに落した原因と、天界から永遠の愛の光を奪ってしまった事を人類は天使達に反省しお詫びし、お返ししなければなりません。人類を代表し皇子が天界の天使達に心からお詫び申し上げます。そして天使達に永遠の神の愛の光が注がれて夜明けを迎えることが出来ます様に皇子の命によりお約束いたします。

今回の天界と人類との約束が取り交わされない場合は、神々は、人類とともに消滅する決断を迫られていた様です。危機一髪の正念場でのこのたびの天界への訪問となりました。

過去に幾度となく繰り返されました人類と天使達の救いの経綸の失敗に終止符を打ち、天人地三位一体の新しい天地創造歴史の出発を宣言する6月6日と致したいと思います。



posted by Project GAIA Information Centre at 06:00| 2002年6月