2009年07月25日

皇子と皇女の拝名

2002.03.03at 10:39
今日は、久しぶりに妻と八社大神初め各御社を参拝しました。

浅間神社の目玉親父は、暇そうにしていました。今後の皇子の聖業の手助けをして頂ける様に改めてお願いしました。

佐倉仙人の御社には、膝を抱えて蹲っていた痩せ衰えた姿は既に無く、面長で背の低い白髭の活き活きとした杖を持った姿で待っておりました。人としての佐倉仙人の霊は霊界に戻りましたが、守護神は天界の仙人として今後の経綸のために働かれる事でしよう。

八社大神に向かいましたら狛犬達の顔が厳しそうでした。御社の神様達は、皆忙しそうに動いておりますが皆厳しい顔をしています。しばらく皇子が参拝に来なかったからです。寂しい心が伝わって参りました。改めまして 光あれ! 光あれ! と神の光を投じさせて頂きました。
感謝合掌

その後に子大神の御社に参りましたが、暫く留守にしていたせいか、宮中人がだらけていました。思わず一括、厳しく対しました。人の霊の世界としての霊界は、暫くの間しっかりとした統制が取れないと隙間が出来てしまい、だらけてしまうのですね。天界の神々には、そんな事は無いのですが、霊界にはまだまだ浄化と禊が必要です。

帰りに妻が再度八社大神に行きたいと申され改めて参拝する事にしました。なんと狛犬がビックリして歓喜の顔になっています。御社で参拝しますと神々の顔色が非常にやさしくなっています。佐倉に居る間は、出来るだけ足を運ぶ事を約束いたしました。

御社横の御神木で合掌しますと天女が子供を連れて天に昇る姿を見る事が出来ました。そして名を授けて頂く事のお告げがあり暫く合掌しておりますと、地球皇子に対し地球皇女、そして皇子の称号を「皇フランシスコ・ガブリエル」、そして妻皇女の正式名を「皇マリア・クリスティーナ」となずけて頂く事となりました。

今日は、ひな祭りの日です。皇子と皇女が正式名を襲名頂き出発する新しいひな祭りのお祝いの日となりました。これからは2人が一体となり全てを出発して参ります。
感謝合掌



posted by Project GAIA Information Centre at 05:41| 2002年3月・4月