2009年07月25日

雛型経綸の編成と月の時代の終焉

2002.01.25at 23:00
天人地東西南北の6極と中点一極が連携した7極の一体経綸が日の本から出発いたします。

歴史的に対立と闘争を繰り返して来ました天人地東西南北の3軸7極が地球皇子ファミリーを媒体に融合された、新しい人類創生の雛型をこれから形成する様になります。地球皇子ファミリーは、天地創造に関わった7大天使と、12種族の天使が中心となり、地球経綸を始動する様になります。

今までの人類世界においては、天人地東西南北の7極の位置関係全てが逆転した経綸として動いておりました。

太陽が昇るまでの闇の地上世界は、月世界の神々が太陽の光の反射体、媒体となり地球を照らして来ました。新しい世紀は、太陽の光を直接に受けて始まる、太陽の時代を迎える事となります。



posted by Project GAIA Information Centre at 05:23| 2002年1月