2009年07月25日

マリア被昇天の日

2001.08.19at 19:22
8月15日は、終戦記念日、ザビエル来日、マリア被昇天の日です。

今日で西洋キリスト教を霊的に導いて来られたマリアの2000年間の使命が終了し、基督教は新しい時代を迎える事になります。具体的にキリストの再臨を迎えるからです。

また同様に今年の8月15日は、伊勢神宮を中心に全国神社界を霊的に導いて来られた女性神天照大神の使命が終了し、具体的に太陽神としての本来の男性神天照大神としての現人神の再来を迎えます。
実は、キリストの再臨とは、日本の天照大神の再臨そのものであり、まさに天照キリストが日本に再臨するという事です。

月神が闇を導く時代が終了し直接太陽神が現れる時代がやって来たのです。伊勢神宮の紋章がユダヤのダビデ紋章である意味の秘密がここにあります。

8月15日は、イエスの母としてのマリアの使命が終了し、霊界に被昇安息する日であり、また今日の19日は、マリアを守護した天使が再び降臨した日であります。
その霊名をマリア・クリスティーナといいます。



posted by Project GAIA Information Centre at 05:09| 2001年